自然素材・無垢材を使用した新築住宅・改装

株式会社 片倉工務店

電話番号:022-373-6855

資料請求

HOME > 各種工事 > 塗装工事

各種工事

タイプ別に各種工事を見る

塗装工事

塗装工事の前に知っておきたいこと

まずはじめに、これから塗装工事をお考えの方が知りたいと思っている多くの事の中から、一番質問の多い『塗装した後の保証』についてお話したいと思います。

塗装の保証とは、塗装工事以降の保証期間の間に、塗装店の瑕疵による症状が出た場合、無償で手直しするというものですが、これは果たしてどこまでの保証を受けられるのか?また、何年受けられるのかが非常に気になるところですよね?

これは各社取り決めがバラバラで、非常にグレーな部分であると言わざるを得ません。それを語るには、まず塗装工事の『瑕疵』について説明するところから必要です。

塗装工事の瑕疵とは、率直にいうと施工ミスによるもので捲れやひび割れが生じたときに起因します。例えば、地震などによる天災や改築・増築によるものはこれに値しません。

一番良く起きるトラブルで屋根の塗装が挙げられます。
塗装後1~2年で剥離現象が起きる場合は、ほぼ間違いなく塗装店の瑕疵によるものですので、100%保証対象になり無償手直しを受ける事が出来ます。

ここで保証というキーワードが登場しましたが、そもそも塗装の保証とはどういったものなのでしょうか?

塗装工事において、よくお施主様に「保証期間は何年だ」と聞かれる場合が多々あります。ここで覚えておきたい重要な事は、保証の期間は極めて曖昧でどのメーカーも定義していないという事なのです。

塗装という工事は、塗装業者によって塗料が塗装されて初めて製品となるものですので、保証も塗料メーカーと塗装業者の連名という形での保証となります。しかしこの連名保証は、主に大規模な現場に限られ、 戸建住宅などのケースでは、業者単独で保証書を出すことが多いのが現状です。
なぜなら日本中すべての現場にメーカーが保証をしていたのでは、いくら人数がいても足りない上に、その業者の技術や力量なども測りかねます。メーカーの現場管理も行き届くわけがありません。
工事そのものの品質保証はやはり工事業者の責任でなされるものなのです。いくら品質の良い塗料でも、施工業者が経費を抑えるために薄めて使っては、塗料メーカーもどうしようもないですよね?

また「保証期間は10年です。」と謳っている業者がいたとします。
その場合、塗り替えてから9年9ヶ月すぎた時に塗装がはがれてきたら全面足場をかけて無料で塗りなおすのか?という問題が実際に起きた時、おそらく素直に「はい」と答える業者はいないはずです。

最も重要なことは、「どの時点まで塗膜を保たせて耐用年数とするか」であり、お施主様が本当に気にされているのは、実は『保証期間』ではなく『耐用年数』の方で、そこには施工技術が密接に関係してくるのです。

それに、保証書に「保証期間」または「耐用年数」を明記してあったとしても、果たしてどの時点まで耐用させて耐用年数というのか、明確にしておく必要があります。
「この塗料はどのくらいもつの?」と聞かれた場合に、「塗膜がどんな状態になるまでのことを指すのか」が重要になります。
塗り替えてから塗膜にチョーキングが発生した時点か、剥がれが発生した時点かではウレタン塗料クラスで数年もの差があります。
塗膜にチョーキングが発生するのは5年から7年目でも、剥がれにいたるのはもっと遅く、15年後くらいかもしれません。安いエマルションなどは外部に塗装したら1年でチョーキングかもしれません。どこまで保たせるかはっきりさせておかなければ見解の相違が生まれます。

それと、塗装店の嘘を見極める目が必要です!

「30坪¥400,000~で10年保証」など、よく謳っているホームページを見かけます。私は殆どあり得ないと断言します!

10年保証は、必ずその会社が10年生き残らなければならないという考えの下、材質と施工内容を計算すると、どう考えても原価から5%程の利益しか残らない価格です。

というのは、その会社の規模にもよりますが家賃・人件費など必要経費という金額が、一般的には30%前後の利益となります。

個人でやっている職人さんであれば5%程度でも可能かもしれませんが、10年保証を付けるという事は万が一、瑕疵があり保証施工をお客様から要求された時の資源はどこから出てくるのでしょうか?

施工件数や会社の規模にもよりますが10年の保証をつけるならば、一般的には、塗装店として20%~30%の利益は必要ということになります。保証や点検等を出来る資源が無いと、万が一瑕疵が出てきたときに言い逃れするしか無くなるということです。

それと外部の塗装で関係するのが、『うちの職人はうまいので足場を掛けなくても大丈夫!足場代はかかりませんよ。』という営業トークをしてくるところもあります。

お施主様にとっては、10万~20万円前後の足場料金の差額は決して小さな金額ではなく、魅力的な営業トークに聞こえるかもしれませんが、果たして本当に良いのでしょうか?

大きな問題

施工品質に差が生じてしまう

屋根の塗装についていえば、足場を設置しない作業は屋根に上がっての作業となります。庇の際の下部や雨樋に関しては、足場があれば目視でき、楽に丁寧に作業ができたにも関わらず、屋根上からの作業では目視できない状況下での作業となり、塗りムラや塗り残しの原因となり、耐用年数にも少なからず影響を与えることでしょう。

『熟練した職人だから大丈夫』というセリフには何にも保証はありません。

安全作業の問題

建設業は他業種の中でも圧倒的に労災事故が多い業種で、中でも落下・転落による死亡事故の発生件数は群を抜き、後を絶ちません。

労働安全衛生規則第五百十八条、「事業者は、高さ二メートル以上の箇所(作業床の端、開口部を除く)で作業を行う場合において墜落により労働者に危険をおよぼすおそれのあるときは足場を組み立てる等の方法により作業床を設けなければならない」、と法律で定められているとおり、施工者には安全作業を遵守する義務が課せられています。

足場を設置せずに作業をする業者は、安全作業を省みない業者であり、そんな業者が確かな品質の施工をするとは到底思えませんよね。

また、危険作業をして怪我をしたりするのは業者の勝手かもしれませんが、大切な我が家で転落死亡事故などを起こされては、今後もそこで生活していくお施主様にとって、決して気持ちの良いものではないでしょう。

安いのは大いに結構ですが、ある程度の経費があってこそ、お客様がその仕上がりや耐久性に納得のいく品質に仕上がる、という事もご理解頂きたいと思います。

塗料の選出の前に下地補修を!

どんな塗料を塗るにしても塗料の選出よりも下地補修方法の選出が肝心です。

ウレタン・シリコン・フッ素 どの塗料で施工するにしても、塗料が壁面に直接乗っているのではなく、シーラーという下地材をはさみ塗膜として壁面に付着します。
ですから現状の土台をいかに固めるかで耐久年数の90%が決まると言っても過言ではありません。

残りの10%は、上塗り材の耐久性と特徴にかかってきます。

結果、ウレタン・シリコン・フッ素と言った上塗塗料よりも下地の補修方法で耐久年数がほぼ決まります。

もしもお見積りを取られた際は、塗料の種類よりも下地の補修の方法を比較検証する事をお勧めいたします。

塗装の回数

塗れば塗るほど良いの?
相見積もりを取っても業者によって塗装回数が違うのはどうして?
そんな質問を数多くのお客様からされます。

結論から言うと塗れば塗るほど良いとは限りません。
それどころか厚く塗りすぎて塗膜が弱くなる事もあるのです。

塗装する塗料の特性や下地の状況によって施工者の判断が変わりますので、相見積もりを取った際は、そのあたりもよく確認しておきましょう。

工程的は一般的に

① 下地補修

下地材を取り替えたり、古い塗料を取り除く作業

② シーラー(又は、フィーラー)

現状の下地を強化し中塗との密着性を良くするための塗料

③ 中塗(上塗り材と同じ塗料)

シリコンならシリコン塗料 フッ素ならフッ素塗料の主剤となる膜厚を付ける為の塗装

④ 上塗

仕上げの塗料

あくまでこの工程は一般的な工程で、塗料メーカーの付け加えとして以下のことが仕様書に記載されております。

日本ペイントさんの場合、活膜を残し、膨れたり、割れたり、浮いている劣化塗膜は、周辺部分を含め入念に除去する。
ゴミ、砂じん、油分などの付着物をワイヤブラシ、カワスキサンドペーパー、ウエスなどで除去し、乾燥した清掃な面とする。
釘頭の錆は、サンドペーパー、研磨布などを用いて除去し、錆とめ塗料(一液ファインテグロ)で補修塗する。

メーカーさんの仕様書では、あくまで下地が新築並みに強靭でないと塗膜の密着性をフルに発揮できないということです。
結果として3回塗りは、下地が整った状態での施工法であって、場合によっては下地を整った状態にする為のさび止めや下地強化剤は、施工しないといけないということです。

素材の違い

そもそも塗料とは、塗膜となるモノを溶剤(シンナーや水)で溶かし塗装出来るように液化した物を一般的に塗料と言います。
そして、その溶かされている物の素材が何であるかで塗料の種類が決まります。

ウレタン・シリコン・フッ素など・・・

一般的にウレタンよりシリコン・シリコンよりフッ素でもフッ素は、少し高いから… シリコンにしよう…
といった一般的な意見がありますが材質によっては、フッ素やシリコンよりもウレタンのほうが長持ちさせる事が出来るのです。

あくまでもそれぞれの素材の特性を生かし施工すれば…の話なんですが・・・

良い塗料を塗れば、本当に塗装は長持ちすしますか?

『フッ素塗料は究極の塗料ですよ!耐用年数は15年以上です。』
『光触媒塗料は外壁を長期間守り、周りの空気を浄化する素晴らしい塗料です。』

最近、多くの塗装業者のホームページやチラシを見るとフッ素塗料や光触媒塗料など、 高価でグレードの高い塗料を使った塗装を勧めているケースを良く見かけます。

確かにフッ素系の塗料は他の塗料に比べて非常に性能が高いです。
光触媒も太陽光の力を利用して汚れを分解するという新しい技術で、汚れにくいという特性がある優れた塗料です。

しかし値段と耐用年数のバランスなどを考えると、本当にそれに見合うだけの効果が期待できるのか?と思う場合があります。

確かに性能の高い塗料を使うと塗装が早くダメになったと言われる可能性は減ります。
また当然のことですが、高級な塗料の方が値段が高いので、業者の売上げも多くなります。
ですから業者にとっては、高い塗料を勧めて良いことはあっても悪いことは何もなく、売上拡大のためにも誇大広告と言えるくらいの、過剰でいいかげんな表現や営業トークが蔓延しているのです。

近年、新築住宅の外壁はサイディング外壁などが多くなり、塗料の性能も上がりました。
しかし一昔前の建売住宅の塗装の多くは、耐用年数が5~7年と言われている最もグレードの低いアクリル系塗料の吹き付けが一般的でした。

その地域の気候や建物の立地条件によって違うので一概には言えませんが、 一般住宅の塗り替えにおいては、外壁の材料に合った適切な塗料を使って、技術の高い職人が丁寧な仕事をすれば、必ずしもそこまで高価な塗料は必要ないと思うのです。

「高い塗料でないとダメ!」な訳ではないということは、是非覚えておいてください。

ここに塗料の基本的な性質を紹介します

1. 光触媒塗料

法人の社屋や工場などの塗り替え工事で光触媒を採用するケースが多くなっています。
メリットは汚れがつきにくいことです。ただし、あくまでも汚れにくい塗料であって全く汚れないわけではありません。

デメリットは分解できる汚れの量に限界があるため、汚れが集まりやすい場所はどうしても部分的に汚れてしまうことです。
また作業性や塗料の取り扱いが難しく、よほど経験のある慣れた腕の良い職人(業者)でないと問題が起きやすいので注意が必要です。

耐用年数が20年とも30年とも言われている性能の高い塗料ですが、まだ歴史が浅く、10年ぐらいの実績しかないというのが実情です。

2. 遮熱塗料

読んで字のごとく熱を反射させて温度を下げる塗料です。
表面温度が驚くほど下がるのですが、一般住宅では建物に開口部が多いため室内の温度はあまり変わらず、下がっても約1度程度だと言われています。

大きな工場などでは2~3度くらい違ってくることもあるそうですが、住宅ではあまり大きな変化は期待できないようです。

また塗料の表面に汚れがついたり、塗膜が劣化してくると当然効果も落ちてきます。ただし環境への配慮という面では良い塗料と言えるかもしれません。

3. 断熱塗料

基本的に塗膜の厚みで熱を遮断する方法で温度を下げる塗料です。
この塗料も遮熱塗料同様、開口部の多い住宅などでは効果は低いようです。

商品によっては塗料の表面の目が粗いため、汚れが着きやすい。また水性タイプが多いため剥離などの懸念から屋根の塗装には向かない。

しかし、外壁の仕上げ塗りの前に行う中塗り等で使用するのは、汚れの心配が無いので良いかと思われます。

また遮熱塗料との違いは塗膜の厚みがあるので、表面の汚れや劣化で効果が下がりにくいところです。

この製品も耐用年数15年と塗膜の持ちの良さをうたっていますが、歴史が浅く実績があまり無いのが難点です。

4. 無機塗料

無機塗料の無機とは、ガラスや鉱石などの紫外線によって分解されない材質のものを指します。

特徴は劣化に強く、汚れにくく、塗膜が硬いのですが、逆にもろい、割れやすいなどの弱点もあるので、 最近では無機と有機の塗料の両方の良さをあわせ持つハイブリッド塗料という製品も出てきています。

この塗料も耐用年数20年とも30年ともうたわれていますが、まだ世に出てからあまり時間が経っておらず、実績がないのが難点です。

5. フッ素系塗料(期待耐用年数15年)

今日の一般的な塗料の中では最上級の品質と性能を持つ塗料です。
フッ素というと良くフッ素加工のフライパンやホーローパネルなどをイメージされるのですが、それとは別物です。

ですからある程度の年数が経つと当然退色、劣化が起こりますが、そうなってくれないと逆に次の塗り替え時に重ね塗りとなり、密着が悪くなるので困ります。

6. シリコン系塗料(期待耐用年数8~11年)

フッ素には劣りますが、品質も高く、お値打で塗り替え周期にあっている塗料です。

5年くらいを境に色によって(特に濃い色)は退色が徐々に目で確認出来るようになるので、美観重視の方には少し物足りないかもしれません。(ただし建物の維持という意味ではまったく問題は無く、次の塗り替え時期まで下地を傷める心配はありません。)

7. ウレタン系塗料(期待耐用年数7~9年)

一昔前には画期的な性能を持ち優秀な塗料だといわれていました。

持ちが良く、艶や密着も良い、今のシリコン系、フッ素系の原点となった塗料です。
今でも付帯部や天井などでは良く使用されます。

8. アクリル塗料

20年ぐらい前には最もスタンダードだった、安価な塗料です。
最近では塗り替えに使われることは少なくなりましたが、新築住宅などでは現在でも時々使われています。
決して持ちが悪いというわけではありませんが、退色はかなり早いです。

一昔前では、塗装屋さんと言えばいかに美しく早く塗装するか技術面が重要視されていましたが、現在では塗料の種類も多くなり、いくら技術が伴っていても間違った塗料を塗装していれば意味がありません。

現在では常に最新の塗料知識を、如何に自らの技と融合させるかが塗装職人としての技術の見せ所です。

 

© Katakura Construction Co.,Ltd, All Rights Reserved.